JCB LINDAは、JCBの女性に人気のカードです!JCB LINDAを使いこなせば、いろいろなおいしい特典ゲットできますよ!JCB LINDA利用者の生の声や、お得なお知らせなど情報満載!
コンテンツ
  • HOME »
  • コンテンツ »
  • 費用や解約について

費用や解約について

JCB LINDAのデータ維持料について

JCB LINDAにはデータ維持料というものが必要です。JCB LINDAのデータ維持料は月額105円です。データ維持料とは何のために必要な費用なのかというと、JCB LINDA会員のデータ管理・維持のために必要な費用です。

 

JCB LINDAのデータ通信料は月額105円となっていますが、毎月支払うのではありません。データ維持料はJCB LINDAでのショッピングなどクレジットカード利用代金と一緒に2月と8月に請求されます。

 

JCB LINDAにはデータ維持料が必要ですが、条件によってはこのデータ維持料が無料になります。データ維持料が無料になるケースをまとめてみました。なお、入会後の初回締め切り分のデータ維持料は無条件で無料となります。

 

まず、JCB LINDA支払い金額が10,000円以上の月についてはデータ維持料が無料になります。カード利用代金明細で支払い金額を確認できますが、10,000円以上という条件は本会員と家族会員の支払金額の合計です。

 

ほかにもデータ維持料を無料にする方法があります。携帯電話・PHSの利用料金をJCB LINDAで支払うように手続きをするのです。そうすればクレジットカード利用金額が10,000円以上にならなかった月もデータ維持料は無料です。

 

また、学生の場合は学割が受けられ、毎月のクレジットカード利用金額に関係なく予定卒業月までずっとデータ維持料は無料です。

 

データ維持料は年2回、半年分をまとめて請求されますが、カード利用金額が10,000円以上になるなどデータ維持料無料になる条件を満たしている月については0円で計算されています。

 

データ維持料はカードの使い方次第で無料にできるので、公共料金をクレジットカード払いにしたり携帯電話の支払い方法をJCB LINDAに変更するなどの工夫をしていきましょう。

キャッシングもJCB LINDAで

JCB LINDAでキャッシングもできます。

 

JCB LINDAと暗証番号があれば銀行やコンビニのCD・ATMで簡単にキャッシングを利用できるのです。

 

また、JCB LINDAでは自分の銀行口座に必要な金額を振り込んでもらうキャッシング振込サービスもあります。自宅や会社などからインターネットでMyJCBから申し込みができるキャッシングサービスです。インターネットからの申し込み後、金融機関の翌営業日にカード利用代金の支払いで登録している口座に振り込まれます。

 

必要に応じて使い分けると良いですね。

 

キャッシングで利用できる限度額はMyJCBまたは一部の銀行・コンビニのCD・ATMで確認できます。もし、設定されている限度額を超えて利用したい場合はキャッシングの限度額を増額してほしいということを担当サービスまで申し込みをします。

 

キャッシングは限度額内の1万円単位で利用します。

 

海外でもJCB LINDAと暗証番号があればキャッシングできます。現地通貨でのキャッシングなのであらかじめ日本で両替をしておく必要がないので便利ですね。

 

JCB LINDAのキャッシングでは国内利用、海外利用、ともに返済は1回払いが基本です。でも、1回払いでは返済がむずかしい、という場合はキャッシング利用後リボ払いに変更することもできます。その場合は所定の手続きが必要です。

 

キャッシングサービスは急に現金が必要になった時とても便利なのですが、くれぐれも利用しすぎには注意しましょう。返済のことを考えて、ほんとうに困っている場合に限って利用するようにしたいですね。

Page 1 / 412»
PAGETOP
Copyright(c) JCB LINDAの魅力を徹底紹介!  All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等の全素材は、著作権法で保護されている著作物です。「JCB LINDAの魅力を徹底紹介!」(http://jcblinda.info/)に使われている全素材の著作権は、本サイト管理者に属します。当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売、無断配布を固く禁じます。