JCB LINDAにはデータ維持料というものが必要です。JCB LINDAのデータ維持料は月額105円です。データ維持料とは何のために必要な費用なのかというと、JCB LINDA会員のデータ管理・維持のために必要な費用です。

 

JCB LINDAのデータ通信料は月額105円となっていますが、毎月支払うのではありません。データ維持料はJCB LINDAでのショッピングなどクレジットカード利用代金と一緒に2月と8月に請求されます。

 

JCB LINDAにはデータ維持料が必要ですが、条件によってはこのデータ維持料が無料になります。データ維持料が無料になるケースをまとめてみました。なお、入会後の初回締め切り分のデータ維持料は無条件で無料となります。

 

まず、JCB LINDA支払い金額が10,000円以上の月についてはデータ維持料が無料になります。カード利用代金明細で支払い金額を確認できますが、10,000円以上という条件は本会員と家族会員の支払金額の合計です。

 

ほかにもデータ維持料を無料にする方法があります。携帯電話・PHSの利用料金をJCB LINDAで支払うように手続きをするのです。そうすればクレジットカード利用金額が10,000円以上にならなかった月もデータ維持料は無料です。

 

また、学生の場合は学割が受けられ、毎月のクレジットカード利用金額に関係なく予定卒業月までずっとデータ維持料は無料です。

 

データ維持料は年2回、半年分をまとめて請求されますが、カード利用金額が10,000円以上になるなどデータ維持料無料になる条件を満たしている月については0円で計算されています。

 

データ維持料はカードの使い方次第で無料にできるので、公共料金をクレジットカード払いにしたり携帯電話の支払い方法をJCB LINDAに変更するなどの工夫をしていきましょう。





カテゴリー : 費用や解約について